2008年08月03日

海ぶどうの味

IMG_6343.jpgスーパーで見つけた
海ぶどう
TVでは見たことがあるが
実際に見るのは初めて
これは食べるしかないよな
  


・・・


近所のスーパーで見つけた
珍味を見つけると、買わずには居られない

って事で398円という安いのか高いのかわからないけど
買ってみた
けど、美味いのだろうか・・・

IMG_6339.jpg

こんな手のひらサイズのパッケージに入ってる
カルシウム・鉄分・ビタミン・ミネラルが豊富らしいが
生タイプで、サラダとして食べるらしい
40g入りらしい

正式には、クビレズタって言うらしく、沖縄産の食用海藻らしい
 → (wiki)クビレズタ

クビレズタ(Caulerpa lentillifera)とは、イワズタ科イワズタ属に属する海藻。沖縄では、海ぶどうやグリ−ンキャビアと呼ばれており、食用である。和名はもともとはくびれがあるツタの意味で「クビレヅタ」であったが、2000年に改定された日本産海産目録[1]より「クビレズタ」に改められた。最新である2005年改訂版[2]でもクビレズタになっている。
って事で、一時期ブームになったような気もするが
最近あまり耳にすることもなくなったこの海ぶどう
是非とも食べてみようじゃないか

近所のスーパー
ドラゴンフルーツとか、たまに変わり種を置くから面白い

IMG_6342.jpg

おわんに移し替えてみた
そのまま食べてみたら、めっちゃ塩っぱい
って水かと思ったら塩水なのね
ちゃんと流水などで数分浸してくださいって書いてあるし・・・

IMG_6349.jpg

数分、水に浸して見て食べてみると
確かにプチプチっと食感は面白い

・・・


だけど、それだけ


塩分濃度が高い方に水分が追いやられるから
真水に浸すと塩分が抜ける現象はわかるけど
たった1.2分で抜けちゃうって、どんだけ中身のない・・・

そのくらい、味はないです
フルーツのぶどうのように果実が伴うわけでも無く
水分を貯めてるだけの粒みたいですね
ちょびっと醤油と付けて食べましたが・・・
プチプチ以外はただの海藻ですかね


食卓に、水に浸さずに置いておくと
速攻萎れちゃって、それが何なのか判断もつかない

どうやら、この状態でも海ぶどうは生きてるらしく
光合成を起こしてるみたいで、色が悪くなったら日に当てるらしい
生の状態だと、ほぞんが一週間程度らしいが
食感は生の状態の方がいいらしく・・・

って、もう海ぶどうを食べたいなって感じはしませんがね
いや食べてもいいが、手頃だったらね

普通に海藻食べよう

俺はどっちかというと、海のもずくが好きかな
posted by sai at 04:05 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事:自炊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

食事時通信社

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。